2009年03月30日

アラキドン酸とは

人間の脳は水分を除くと60%近くが脂質で占められています。
その中でもリン脂質とよばれるものが最も多く、
このリン脂質の中で最も大きな割合を占めるのがアラキドン酸とDHAです。
どちらも記憶や学習などとの関わりがある成分です。

posted by アラーキー at 23:58| Comment(0) | アラキドン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラキドン酸の効果実験

人のからだは細胞でできていますが、
その細胞の1つ1つは細胞膜で覆われています。
細胞膜の流動性と老化について調べた研究があります。
おじいちゃんラットとわかものラットで神経細胞の細胞膜に
どんな差があるかを調べました。
またおじいちゃんラットにはアラキドン酸のエサを3ヵ月与え続けたものと、
普通のエサを与えたものと比較しました。
その結果は、老化によって細胞膜のやわらかさがなくなることと、
アラキドン酸を3ヵ月間とることによって細胞膜が若くなると示すものでした。
どうやらアラキドン酸は、脳の若さを保つのにたいせつな働きをしています。

また記憶に関わる海馬とアラキドン酸の働きとの関係について色々な研究成果が出されはじめています。
それにより脳の機能の多くにアラキドン酸が関わっていることがわかってきています。

posted by アラーキー at 23:58| Comment(0) | アラキドン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラキドン酸は必須脂肪酸

必須脂肪酸とは常温では液体で、脳、皮膚、血液など体全体にある重要な成分です。
体内でつくり出すことができない、あるいはその量が限られているため食事からとる必要があります。

アラキドン酸やDHAなども必須脂肪酸です。
また60代を過ぎると体内での生産も一気に減少します。
元気な脳を保つためには、アラキドン酸とDHAを意識してとることが大切です。
アラキドン酸とDHAの摂取比率をおよそ1対1にして
意識しながら毎日の食生活で上手にとりいれていきたいですね。

posted by アラーキー at 23:57| Comment(0) | アラキドン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラキドン酸の効果

アラキドン酸を摂取し続けていくとこのような効能が得られます。

1.学習・記憶・認知能力の向上
 人間の脳では情報伝達はシナプスという部分で行われています
 アラキドン酸やDHAが減少するとシナプス伝達力が衰え、脳の機能も低下すると考えられています。

2.意欲を向上
 意欲を高める働きをもつアナンダミドという成分の原料になることもわかっています。

3.体内リズムの調整
 体内時計の調整作用もあることがわかっています。また心血管疾患の予防にもつながります。

※過剰摂取は逆効果
 すごい効果のアラキドン酸ですが、とり過ぎるとアレルギー症状を起こす成分の原料にもなりえます。

posted by アラーキー at 23:57| Comment(0) | アラキドン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。